外壁塗装

塗装の塗替え

外壁の塗装は建物を保護するという大切な役割があります。
風雨や紫外線・汚れなどにより、年月が経つと老化、風化といった損傷を受けます。
そこで外壁はどの程度で、塗り替えたほうが良いのかを考えます。
立地条件にもよりますが新築から10年近く経過するといろいろな箇所に痛みが出てきます。
基本的な外壁からのメッセージとしては
チョーキング」壁を触るとチョークのような粉がつく状態、
塗装の剥がれ」「ヒビ割れ」「外壁のカビや藻」「シーリング材の劣化
などがあります。もしこのような症状がありましたら一度、
点検される事をお薦め致します。
そして外壁や塗装の事について知識を持つことが大切だと思います。
その時はご相談ください。お住まいのメンテナンスを一緒に考えていきましょう。

外壁塗装の工程

足場の設置

安全と品質の高い施工する為、しっかりとした足場が必要です。また洗浄や塗装がご近所に迷惑にならないように塗料飛散防止用ネットを取付けます。

高圧洗浄

塗料の定着の為、外壁についた汚れを取り除きます。外壁を綺麗に洗浄し塗装工事に備えます。

下地処理

建物全体を点検し、下塗りに入る前にひび割れなどがあった場合は修繕します。

塗装しない部分の養生

窓など塗料が付いてはいけない部分をしっかりと養生します。塗装箇所以外に塗料が付着しないようにビニールを使用しカバーします。

外壁の塗装

下塗り・中塗り・上塗りの3回塗りを行います。その後、完成検査、足場の撤去となります。

主なトップコート

基本的に水性のシリコン塗料を標準で使用してますが、壁の材質、劣化状況で判断し提案させて頂いてます。クリア塗装は2回塗りになりますが、その他、下塗り塗装1回、トップを2回の合計3回塗りです。

使用塗料